FC2ブログ
コンテントヘッダー

19、低レベル帯依頼④

森の中へ、人探し。
森の中へ、狼退治。
雑貨屋の地下へ、聖剣探し…??


「霧の森」 -雪音様-
「狼退治依頼」 -Fuckin'"S"2002様-
「勇者と魔王と聖剣と」 -ほしみ様-



・霧の森 -雪音様-

ScreenShot_20151013_135732977.png

ロ「やっぱり森が良いんだな、ラチェは」
テ「エルフだしな…」
エ「今回激戦は期待できそうにないわね」
グ「人探しですから、むしろそういう場面が無い方が良いでしょう」

ScreenShot_20151013_151317568.png

ラ「テントでバトってるみたいだね」
フ「まぁ、大丈夫そうでしたけど…」

ScreenShot_20151013_151540088.png

ロ「狼退治、になってるな」
エ「まぁ、話には聞いてたもの、予想通りよ」

ScreenShot_20151013_151854382.png

テ「あぁ、あの昔話、か?」
グ「本物にお目にかかれるとは、ですね」

ScreenShot_20151013_152300229.png

ロ「キノコと狼の分か…」
ラ「でも、倒す前に温厚な狼だって気付いていれば…なぁ」 
フ「それについては…」

ScreenShot_20151013_152435802.png

テ「これで、お前も安心だろ?」
ラ「…ん。あぁ、でも依頼ならちゃんとやるから、安心して?」
ロ「はは、了解。狼退治の依頼が来たら、頼りにしてるよ」


・狼退治依頼 -Fuckin'"S"2002様-

ScreenShot_20151013_172109057.png

エ「で、さっそく行くってわけね」
グ「偶然ですが、いい流れでしょう」
フ「同行のドルクさんには少し用心した方がいいのでは…」
ラ「親父さんの話でしょ?……大丈夫だとは思いたいけどね」
テ「…遺跡、もう調査済みってのがなァ……残念だ」
ロ「ほらほら、話してないで行くぞー」

ScreenShot_20151013_183414485.png

テ「……いきなり、犠牲者が…」
フ「……、……」
グ「神様、というのは肝心な時には手を出さないものですからね」
ロ「グレス今は……っそ」

ScreenShot_20151013_183631830.png

ラ「こうなったからには、もう遅いね。人間…他種族に手を出したら終わりなんだから」
エ「……そうね。あとは、狼共との勝負のみ、よ」

ScreenShot_20151013_184005887.png

テ「……なんで止めたんだ?」
フ「錯乱した女性をなだめる為、でしょう。彼女はきっと…」

ScreenShot_20151013_184258488.png

エ「決まりね、とりあえず村を回…」
ロ「……その前に、彼女の元に行ってもいいか?」

ScreenShot_20151013_190642451.png

グ「……(勢いで会ってはみたもの、言葉が浮かばないパターンですね)」
ラ「(人は良いんだけど、突っ走り型だからねぇ)」

ScreenShot_20151013_192530126.png

テ「突っ走り全開…。嫌いじゃないけどな!」
エ「森に討伐しに来たのに、いきなり雨にやられるなんてね!」

ScreenShot_20151013_192744724.png

ロ「ナイス、フィレリア。なんとか落ち着いてくれたよ」
フ「えぇ、この先何が起きても良い様に…と」

ScreenShot_20151013_192904502.png

ラ「で、何かあったら嬉しいなぁって事?」
グ「この場所が危険でないなら、探索もありでしょうね」

ScreenShot_20151013_193348338.png

テ「……ラチェって、ホントなんつーか、大人だよな、時々」
エ「えぇ、あたし達が思ってる以上に大人よね」
ロ「子供でもあり、長寿種エルフとしての意識もあり、だな」
グ「……(ある意味で言えば、そこの若者3人や俺達より頼りになるともいいますか)」

ScreenShot_20151013_193648662.png

フ「エルザでもよかったのですが、ほら、一応…です」
ラ「がんばれ、リーダー」(棒)

ScreenShot_20151013_194510875.png

テ「へぇ、最初はどうかと思ってたけど、やる気じゃんか」
ロ「彼を守ってるほどの余裕は僕らには無いかも、だけどな…!」

ScreenShot_20151013_195449718.png
ScreenShot_20151013_195600350.png

グ「ですよね…。っと、早く戻りますよ…!」

ScreenShot_20151013_195811231.png

ラ「全員生還、かな。よかった…」
ロ「いや、はやく村に戻ってこの子を――」

ScreenShot_20151013_200230460.png

グ「へぇ、クロスボウについても詳しかったのですか」
フ「やはり、あの人…」

一行は…
子供を助けるために前に出て、
母親を救うべく……≪ムーンロア≫に剣を向けた…


ラ「……この選択でよかったの?」
エ「わからない、でも、決めた事よ」
テ「……リサを救うために、か。良いんじゃね、これで――」
グ「……あの子を育て上げた“親”は、あの狼です。それだけは、覚えておかないと、ですね」
ロ「……悪い」


・勇者と魔王と聖剣と -ほしみ様-

ScreenShot_20151013_234340440.png

エ「確かに魔王(仮)には攻撃通らなかったけど、手下は弱いのね」
ロ「……大丈夫か?」
グ「えぇ。ふざけたノリだと思っていたら、痛い目に遇いましたね…」

ScreenShot_20151013_234742458.png

テ「ちょ、お前アレ苦手だったか?!」
フ「私も好きではありませんが…」
ラ「ここにきて、まさかの敵だね」

ScreenShot_20151014_000114496.png

エ「剣、欲しかったなぁ?」
ロ「うっ、いや、エルザには別の剣のが似合うかなって話で…」
グ「その別の剣まで道のりは遠そうですけどね…」




ということで、狼退治依頼(狼の親子)はLH独自のエンディングにしました。
作者様の推奨トゥルーエンドっぽいものは見ていたので、彼らには突っ走ってもらいました。
少年の元へ足を止めずに向かい、母親と大狼の間に入る、熱血お人よしリーダールートで。

あと、ドルクの話・ゲイムの生還は未読だったので、リドミ見て進行させてもらっちゃいました…!
ゲイム、助かるルートがあってよかったです…!今までごめん!!

さて。これで手持ちの『1~3推奨レベルシナリオ』は終わりです。
次は、『2~』ですね。最高は、いって『~5』を限度に。
『1~10』は、戦闘を主体としたシナリオルートを選ぶために、ひとまず保管しておきます――

さて、一行の次の依頼は・・・?
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リオ

Author:リオ
カードワースの感想・簡易リプレイ置き場です。

●キャラ絵は、カラス畑のイロ様(http://teiiro.guhaw.com/)よりお借りしています。
CW関係のサイト様なら、リンクフリーで…!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
感謝!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる