FC2ブログ
コンテントヘッダー

28、アモーレ・モーテ ⑤

トーテム退治を終えた一行。

デジールの総仕上げの意味に気付いた6人と1人は、
急いでレーテの家へと向かった



ScreenShot_20151020_220654012.png

グ「忍び込んだ形跡もないのですか…」
フ「締め切られた家……」
ラ「カビの臭い…?」

ScreenShot_20151020_221150477.png

エ「人の気配も無いのね…」
ロ「病気の母親を探そう」
テ「あっち、開けんぞ」

ScreenShot_20151020_221221782.png

フ「……何か奥に」

ScreenShot_20151020_221302215.png

ラ「……その新しい花や今日作られたスープからして、その」

ScreenShot_20151020_221537935.png

ロ「なんて事だ。介護してたのか…ミイラを…」

再度、遺体に花を被せ

ScreenShot_20151020_221707478.png


一行は、レーテのいるだろう教会へと向かった…

ScreenShot_20151020_221815093.png

ラ「状況は、なかなか切羽詰まってるけどね」

デジールが神父に問う、「処女受胎は茶番劇じゃないのか」と
激怒した神父はレーテを暴力を以って問い詰める。
フィレリアがソレを止めようとした時―――

声が聞こえた

ScreenShot_20151020_222344408.png


ScreenShot_20151020_222358573.png

ScreenShot_20151020_222416450.png


ロ「……、……」
グ「これが、真実ですか」
テ「レーテの腹の中にいる、“神に背く者”の力、ってやつ…なのか?」

ScreenShot_20151020_222527078.png

エ「フィレリア、何言って―――」

ScreenShot_20151020_222638820.png

フ「声が…、聞こえたんです。彼女に呼び掛ける声と、応える声」
ラ「フィレリア?」
フ「……彼女は……(他人の死を望んだ。その結果が…クインシーと神父様)」

ScreenShot_20151020_222840115.png

フ「……」
ロ「フィレリア、俺には何も聞こえなかったから、ヘタな事言えないが…」
フ「……」
ロ「だから、君のしたい事をすればいい。責任は、僕が持とう」
エ「安心して、フィレリア。一緒に負うから」

ScreenShot_20151020_223110544.png

フ「……彼女は、悪じゃない、ですよ」
テ「周りの奴等が悪い事は全部知ってる。でもなフィレリア…」
フ「……分かってます。もう、戻れない場所まで彼女はいってしまったって事は」
ラ「…っ」

ScreenShot_20151020_223336866.png

グ「……、ご決断を、フィレリア」

ScreenShot_20151020_223607434.png

フ「(救う方法が、これしか考えられなかった私を恨んでください、レーテ)」

ScreenShot_20151020_223806015.png

ScreenShot_20151020_223810588.png


フィレリアへと向かう“力”の前に――

ScreenShot_20151020_223930432.png

ScreenShot_20151020_223933999.png


フ「……トゥーレ、さん、が…」
エ「っ、フィレリア、前を向いて!」
グ「死にますよ、今度は、俺達が」

ScreenShot_20151020_224053659.png

テ「……相手は生身だ。一発で終わるぜ。嫌なら、俺がやっけど」
ロ「……フィレリア…」
ラ「……やる、の?」

ScreenShot_20151020_224307190.png

ScreenShot_20151020_224335510.png




ScreenShot_20151020_224411353.png


ロ「………」
ラ「……フィレリアの事、好きだったもんね、トゥーレ」
テ「全力で、守ったんだ。凄いヤツだよ、まったく…」

ありがとう、というデジールに怒りが込上げるフィレリア

ScreenShot_20151020_224536624.png

ScreenShot_20151020_224627139.png

ScreenShot_20151020_224655599.png

ScreenShot_20151020_224702519.png

ScreenShot_20151020_224718026.png

フ「………、…」
エ「あんたや皆が選んだ事なら、受け止めるから」
ラ「嘆かないで、“災厄”を止める事が出来た、それで……じゅうぶんだよ」

ScreenShot_20151020_224744223.png

ScreenShot_20151020_225011918.png


ロ「隠されていた過去や真実を知った。あの時と同じだよ、フィレリア」
テ「晴れ知らずの霧の森だな。真実を受け止めて、覚えている事が出来る事、か」
フ「……、……すみません」

ScreenShot_20151020_225211041.png


フ「レーテ……トゥーレさん……おやすみなさい」


ScreenShot_20151020_225408653.png









アモーレ・モーテ、これにて終幕。

凄い話ですよね、本当に…!

今回、色々悩んだ選択場面があったのですが……

クインシーの依頼を、即決で受けるかどうか。
悪霊の話をフィレリアがどこまで聞けるか。
最後の選択で、剣をとるかどうか。

お人好しのフィレリアですが、LH全体の方針やらで考えた結果、
過去宿含めて初めて斬りかかりました。

この話で個人的に1番のポイントがトゥーレさんです。
彼がフィレリアを気に入り、香水までくれ……
最後に守って亡くなる、というこの流れが。
フィレリアの記憶に残り続けるんじゃないかと、思いまして。

秀麗若者女に反応するのか確定できませんが、聖職者ポジでもある彼女を
LHの一員に選らんだ理由のシナリオです。

凄く好きなシナリオの一つなので、回数分けてSS多めでお送りしました。

ご閲覧感謝。

さぁ、少し明るいシナリオ…冒険にでも行ってもらいましょうか――
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リオ

Author:リオ
カードワースの感想・簡易リプレイ置き場です。

●キャラ絵は、カラス畑のイロ様(http://teiiro.guhaw.com/)よりお借りしています。
CW関係のサイト様なら、リンクフリーで…!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
感謝!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる